武蔵小杉の面白くて楽しい居酒屋ブログ

2009年年末開店♪武蔵小杉の「炙りダイニングわいち」 「神奈川の県内産の食材」を中心に取り扱い、食材・お酒の生産者も巻き込み巻き込まれ、来た人に楽しんで貰える店作りを目指します☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
矢部さん

ブラジルの人聞こえますか~
店長の沼里です。


12月15日
「不二才 晴耕雨読 角玉梅酒」などで有名な
鹿児島県・佐多宗二商店の矢部さんがいらっしゃいました。


この佐多宗二商店さんは、鹿児島県のほぼ南端にあります。
ブラジルほどではないかもしれませんが、非常に遠くから来て頂き感謝してます。

実は前回いらっしゃった時には、蔵人の有馬さんとお二人でいらっしゃったのですが
満席でお返ししてしまいました・・・。

心苦しく思っていました。


こちらの本格焼酎「不二才(ぶにせ)」は最も芋らしい芋焼酎!

「晴耕雨読(せいこううどく)」は芋らしく飲みやすい芋焼酎!

「角玉梅酒」は日本で始めて海外に輸出された「梅酒」として知られています。

しっかりした酒ですので、お湯割りがとても旨い!!

おすすめの焼酎です。わいちに来たら是非飲んでください!
スポンサーサイト
このページのトップへ
蔵元会1

店長沼里です♪


スッカリとブログアップが遅くなりました。


11月28日(日)
「第一回 蔵元を囲む会 海老名より泉橋酒造 Inわいち」
のもようです。

前からやりたかった会です★

ご予約のお客様のみで蔵元さんのお酒三昧&当日のみの特別料理を
みんなで楽しもうっていう会です♪


まずはご来店されたお客様に

「利き酒ゲーム♪」

のちほど正解発表で
「わいち 泉橋酒造さんのお酒一日飲み放題券」がGETできます!


着席後は、わいち・蔵元さん・酒屋さんから簡単に挨拶&乾杯!


この日のお酒と料理は・・・ [“第一回「蔵元を囲む会」 開催しました♪”の続きを読む] このページのトップへ
日置桜

店長沼里です♪


わいちでは12月は毎週月曜日は「純米酒・本格焼酎」が
何杯飲んでも半額です♪

いろんなお酒にチャレンジしたい方、沢山飲みたいお酒に強い方、気軽にお酒を飲みたい方
是非ご来店ください♪


11月22日(月曜日)
日置桜の蔵元、山根さんご来店です。

お酒の味も大切だけど、話してみたりして、その人柄って大事だよね。
っておっしゃっていました。
僕もそう思います。

様々な蔵元さんとお会いし、その酒を飲むと、なんとなくその人が解ったような気がするし、話してみた印象に近いような味わいのお酒が多いように思います。(気のせいかな?)


「日置桜 強力 生も造り」

しっかりしていながら綺麗な味わいのオススメのお酒です。
是非ともお燗でどうぞ☆


それでは今日も楽しくいきましょう♪
このページのトップへ
佐藤1

7月31日(土)

寿福酒造様とご一緒に、佐藤酒造様御来店です。

いわずも知れた本格焼酎「佐藤」

代表銘柄
「佐藤 黒麹」「佐藤 白麹」
「さつま 黒」「さつま 白」
「佐藤 麦」

今回は、写真右上 総務 鳥越さん
左下 国生さん
左上 芋生産農家 大園さん
の御来店です。


「佐藤 黒麹 白麹」は、米麹のマイルドな優しい風味の感じられる
強く優しく繊細な焼酎です。

「さつま 黒 白」は、芋らしさが特徴的な焼酎です。

「佐藤 麦」は、食事とも美味しく飲める風味豊かで香ばしく優しい焼酎です。


素材も全てにこだわり、米麹に使う米は、毎年全国から取り寄せ、比べ、その年の最高だと思うものを選び、原料芋も、農家さん達と話しながら取り組んで考えています。

(一昨年蔵へ伺った時は、芋農家さんの所へ連れて行って頂き、仕込み芋を掘らせて頂き、お店で天ぷらにしてお客様へサービスしました)


味も素晴らしいのですが、何より素晴らしいのは、その造りへの想い。

造り手の一人一人が
「自分にとって一番大切な人に飲んで欲しいような焼酎を!」という想いを持ち
妥協のない造りをしています。

そして、蔵へ伺った時にとても印象に残っているのは・・・
[“佐藤酒造”の続きを読む] このページのトップへ
寿福

こんにちは♪

7月31日(土)蔵元様御来店です。

熊本県人吉市より
代表銘柄
「武者返し(米焼酎)」
「寿福絹子(麦焼酎)」

の「寿福酒造」 寿福様御来店です。

熊本県にある28蔵で唯一の女性杜氏の蔵としても知られています。



特徴はなんといっても

「手造り」そして「風味豊かな常圧蒸留」です♪


「うちは本当に手造りが自慢なんです!」
という、以前一緒にのんだ蔵人の吉松さんの言葉が印象に残っています。


そして、昭和50年代に「減圧蒸留」になっていく中、「常圧蒸留」を貫き通したそうです。

(ちなみに、常圧蒸留は本来の蒸留方法ですが、「減圧」とは、その文字のとおり、圧力を変えた蒸留をすることにより、マイルドなお酒が蒸留されます。
「良い特徴」も「悪い特徴」も出にくく、最高の焼酎を仕込んでも「旨いっ!」という風味の焼酎になることは難しいようです。
極端な言い方をすれば、造りの誤魔化しのきく蒸留方法とも言えるかもしれません)


是非この寿福さんの「おもいっきりコクと旨みの詰まった焼酎」をお試し下さい!

オススメはやはりお湯割り。
米は温めると旨さを増します。

そしてロックでは、「燗ロック」
一度焼酎をお燗つけます。⇒そしてその焼酎を氷の入ったグラスへどぼどぼ。

一度温めることにより、風味を増し、柔らかくなり、素敵なロック焼酎が完成します☆



想いがあり、そして旨い、素晴らしい焼酎を造っていただき感謝しています。



↓寿福さんの優しい笑顔が素敵だと思う方、「拍手」クリックお願いします!
「燗ロック」で一杯やってみるか♪って方もポチっとどうぞ。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

kosugiwaichi
  • Author: kosugiwaichi
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。