武蔵小杉の面白くて楽しい居酒屋ブログ

2009年年末開店♪武蔵小杉の「炙りダイニングわいち」 「神奈川の県内産の食材」を中心に取り扱い、食材・お酒の生産者も巻き込み巻き込まれ、来た人に楽しんで貰える店作りを目指します☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
竹泉木桶

こんにちは♪
店長の沼里です。

昨日、ついに僕の住んでいる賃貸マンションにエアコンを買いました。

昨年秋頃に引っ越してから、冬は我慢しましたが夏は我慢できそうになかったので・・・
(岩手出身のせいか、暑さにはとても弱いのです)

レッド吉田に似た方が取り付け工事に来てくれて、「霧ヶ峰」本体・工事込みで37,800円
生まれて初めてエアコン買いました。

「夏よいつでも来い!」って思いました。


さて、本日季節のお酒2本入荷しました!
(早瀬浦 浦底 純米滓酒 は、人気でしたが惜しまれながら売り切れました)


まずは

・兵庫県 【田治米合名】
「竹泉 木桶仕込み 活性にごり 純米」

昔ながらの木桶で手造りで仕込まれたお酒です。
木の香りが特徴的で、「昔のお酒ってこんな感じだったのかな~?」と思いました。
(現在はホーロータンクなので、一般的なお酒には、木の香りはありません)

そしてもう一本・・・

大治郎山廃

・滋賀県【畑酒造】
「大治郎 山廃仕込み 純米 生原酒」

大治郎らしいフレッシュな旨みがありながらも、山廃らしいしっかりした酸味が感じられました。



※山廃(やまはい)仕込みとは?
「山卸し廃止仕込み」の略です。

山卸しとは、酒の仕込みの過程で、米を櫂棒でする作業のことです。
(山卸し仕込み=生もと造り)

その「米を櫂棒でする」作業を廃止したことで、「山廃」と名づけられたようです。
正直、ちょっとややこしくてわかりにくいですね。


ちなみに
この酒母(しゅぼ)造りは、大きく2つにわかれ

①時間をかけて「乳酸」を自然発酵させて造る【生もと法】の「生もと造り」「山廃仕込み」
②「乳酸」を添加して造る【速醸もと法】があります。

【生もと法】のほうがキメ細かく酸の強いお酒になる傾向が強いようです。
(個人的には、【生もと法】の酒はほぼお燗して飲みます)
(今回の大治郎は、例外的に冷酒でも美味しくいただけます)



ちょっと説明がややこしくなりましたが、他ではめったに飲めない地酒です。
ぜひ飲みにいらしてください♪

(数量限定のため、売り切れ次第終了です)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

kosugiwaichi
  • Author: kosugiwaichi
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

06 « 2017/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。